糖尿病の方のための改善薬をご紹介します

糖尿病治療薬

糖尿病治療薬は、運動療法や食事療法など糖尿病改善の基本となる方法での血糖コントロールができない時に用います。糖尿病治療薬の多くは飲み薬でこれを経口血糖降下薬と呼びます。糖尿病の症状や原因によって種類は様々です。

 

全ての種類の薬において言えることは、服用の目的は血糖コントロールのためであり合併症の発症を抑えるため、ということです。

 

糖尿病にはインスリンが深く関係しており、インスリンの分泌が上手くいかなかったりその作用が上手く働かないために血糖値が高くなります。

 

経口血糖降下薬は血糖値をコントロールするためにインスリンの分泌を促したりその作用を正常に働くようにするものです。したがって自身のすい臓からインスリンを分泌する能力が残っていないインスリン依存状態にある患者さんでは治療効果は望めません。

レボース25mg

レボース25mg

レボース25mgは、食べ物に含まれる糖質が体内に吸収されにくくする糖尿病治療には有効なお薬となっています。糖質が小腸でブドウ糖に分解される作用を有効成分のアカルボースが阻害し、食後に上昇する血糖値を抑制する働きを持っています。

>>>詳細はコチラ

グルコバイ25mg

グルコバイ25mg

グルコバイ25mgは糖尿病の治療薬で特に「2型」と呼ばれる糖尿病に対して高い効果を発揮します。「糖尿病」と診断された場合は食生活の見直しから始まりますが、この薬は食事療法の補助薬として用いられ、食後の血糖値を正常の範囲に近づけてくれます。

>>>詳細はコチラ

メトホル(メトグルコジェネリック)

メトホル(メトグルコジェネリック)

メトホルはメトグルコのジェネリック医薬品です。主に糖尿病の方が服用されている医薬品で、インスリンを効きやすくさせます。炭水化物は摂取後ブドウ糖に分解され、血液に吸収、そしてインスリンによって細胞に吸収されます。メトホルにはインスリンの働きを良くするメトホルミン塩酸塩が1錠につき500mg含まれています。

>>>詳細はコチラ